Twinkle Red**MIXのパフ、I.セターのミシェル&ダーシー、E.コッカーのシェリルとの日常。。
4わんこ達のプロフィールはメニューのOTHERSから、以前の記事はリンクからどうぞ〜☆

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ミシェル、虹の橋へ 01:40


ミシェル、28日の夜に亡くなりました。
15歳5ヶ月でした。



2月頃から歩くのを嫌がるようになり、年齢で足腰が弱っているせいかと思っていましたが。
3月に入ってすぐ、骨が腫れていることに気付いて……検査で骨に腫瘍があることがわかりました。
ミシェルは我慢強い子なので、かなりの痛みがあったのだと思います。
高齢なので断脚はせず、腫瘍の痛みのコントロールと、脆くなった骨が骨折しないように装具を作ってもらい付けていました。



ゴールデンウィークには愛知や京都へ旅行へも行き、2週間前の検査でも転移は見られなかったのですが……。
25日の月曜日に体調を崩して、病院へ。
水を飲む時に誤嚥したのか、軽度の肺炎が見られました。
また、痛み止めの影響による腎機能の低下が悪化していました。
けれど、肺炎や腎不全はそこまで重篤ではなかったはずなのですが……どんどん状態が悪くなってしまって……。
41度超えの熱が出て、最後は物理的に冷やして下げている状態でした。
足の腫瘍もあったので、そちらの影響もあったのかな?とも思います。
亡くなるほんの少し前までスヤスヤ寝ていて、苦しい思いをせずに済んでよかったです。
また、足の腫瘍の痛みで辛い思いをしなかったのは幸いかも、と思っています。
あまり痛みが酷いようなら眠らせてあげなくては、とも考えていたので……。
私達が辛い選択をしなくても済むように、気を遣ってくれたのかも??と思ってしまいます。
いつでも家族のことを一番に考えてくれている子でしたから。

隣にいるミシェルは今も眠っているだけのようで、まだ実感がわきません。
体調を崩してからそんなに日も経っていないので、体も綺麗なまま。
今までずっと頑張ってきてくれて、何度も復活してくれて。
十分すぎるくらい頑張ってくれました。
本当に頑張り屋さんの、親孝行な子です。



ミシェルがいてくれたから、沢山の方とお友達になることもできました。
皆さまにはいつも色々と気にかけていただき、感謝しています。
今までミシェルと遊んでくださって、ありがとうございました。



R.I.P. Michelle
INT.JKC.CH, Ermine of Mayflower Palace JP
1999.12.17~2015.05.28
| ミシェル | comments(2) | trackbacks(0) | posted by Chiemi -
スポンサーサイト 01:40
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








ラルが虹の橋へ行ってから5ヶ月。
ミシェルちゃんもですか・・・。
淋しいですけど、大型犬で15歳は充分に天寿を全うしたと言って良いでしょう、家に迎えると決めた日から、いつかこの日が来ることは避けられないことだったのですから。
ラルも本当に辛そうだったのは最後の三日位でした、長患いしたりせず、眠るように逝ってくれたのもまた飼い主思いだと思いますよ。
posted by ラルパパ | 2015/06/16 9:56 AM |
ラルパパさん☆
お久しぶりです。
ラルちゃんが亡くなったこと、コメント頂いたのに返信もせずにすみませんでした。
姉妹揃って15歳の誕生日を迎えられたと喜んだ矢先の出来事で、、何て書いたらいいのかわからなくて。。
避けられないこと……そうなんですよね。
けれど、いつかはお別れするとわかっていても、ミシェルがいなくなるなんて考えられずにいました。
ラルちゃん、苦しまずにいったのですね。
親孝行な子ですね。
ミシェルも本当に良い子で、後にも先にもあんな素晴らしい子には会えないだろうと思っています。
いぬたまでラルちゃんとミシェルの姉妹再会できたこと、嬉しかったです。
ありがとうございました。
posted by ちえみ | 2015/06/25 1:38 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://palcon.jugem.cc/trackback/170
<< NEW | TOP | OLD>>